上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
ずっと、行ってみたかった所

鳥取県の三朝温泉の山の中

三徳山 三佛寺 投入堂へ 23日に出発

バスツアーで、7時半梅田

すでに、中国道大渋滞

途中の、奥津温泉道の駅で、昼食弁当
DSCN0853.jpg
時間が押してるから、ダッシュで食べる

12時半
DSCN0854.jpg
到着

何か干したはる
DSCN0857.jpg
栗とちゃう、栃の実

仰ぎ見れば
DSCN0858.jpg
小さな、お堂が

苔むした、お地蔵さんに
DSCN0867.jpg
無事帰って来れますように (この時は、普通にお願い)

案内板
DSCN0863ed.jpg
下に注意書きが
DSCN0864ed.jpg
滑落事故!!

ガイドさんの、説明
DSCN0869.jpg
けっして、この山を、なめてはいけません
「一つ間違えれば、命を堕とします!!」

いよいよ入山
DSCN0870.jpg
樹齢1000年の、杉の木が
お出迎え

いきなり険しい道が
DSCN0878.jpg
これぐらいは、なんとか

腹ばいで
DSCN0882.jpg
木の根っこを、掴みながら

ほとんど、垂直の崖
DSCN0887.jpg
それでも、前へ

文殊堂に到着
DSCN0890.jpg
素晴らしい景色らしいけど

この回廊は、よう行かんかった

僕 極度の、高所恐怖症やねん 
(若い頃 山岳スキーで、パーティの滑落を、目の当たりにしてのトラウマ、彼は、幸い一命を取り留めたが、全身打撲両足骨折の重傷そして、ヘリにての搬送)

鐘楼堂
DSCN0891.jpg
2トンの、釣鐘、どないして持ってきたんやろ??

もうすこしで、観音堂
DSCN0893.jpg
やっぱり、怖い

足場は、つま先だけや!!
左側は、奈落の底 (涙!!

なんとか、観音堂を越え
岩場を、廻ると

憧れの、投入堂
DSCN0903.jpg

凄い!!!!
あまりの感激で、言葉がでえへん

こんな崖に、どないして
DSCN0899.jpg
1000年以上も前に、

作ったんやろ

役行者が、法力で、
DSCN0905.jpg
洞穴に投げ入れた、伝説が理解できる













スポンサーサイト
2011.09.27 Tue l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://hikouchuunen.blog7.fc2.com/tb.php/338-01064070
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。